店舗の歴史

修業時代

AU BON VIEUX TEMPS(オーボンヴュータン)のオープニングスタッフとして、河田勝彦氏の下でフランス伝統菓子を学びました。
1983年 渡仏、フランス・パリの「アルチュール」「メゾン・ド・ロイ」で経験を積みました。

帰国、メゾン・ド・プティ・フールへ

焼き菓子の卸売専門店として「フランス菓子工房西野」を設立しました。
そして1990年、どこにもない焼き菓子専門店で行くぞ!と思い、日本で初めての焼菓子専門店メゾン・ド・プティ・フール(ひとくち菓子の家)をオープンしました。
続いて1991年に南馬込店を、2004年に長原店をオープンしました。
長原店のオープンを機に生菓子も揃えました。

「しあわせ」にする「おいしい」へ

自由が丘のテーマパーク「スィーツフォレスト」にもオープン早々に出店、また、JAL Jクラスの機内サービス用菓子としてメゾン・ド・プティ・フールのフィナンシェが選ばれました。「おいしい」は人を「しあわせ」にします。これからも多くの「おいしい」を「しあわせ」をメゾン・ド・プティ・フールからお届けします。



Email


Password

パスワードを忘れた方はこちら

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力